電話番号
  • Line予約
  • ネット予約
歯科コラム

ストレスで歯が悪くなることってある?

ストレスは色々な病気を引き起こします。ストレスで胃が痛くなったり、お腹を壊したりする人も多いのではないでしょうか。ストレスは自律神経失調症の原因にもなりますので、そこから色々な不調が起こることもあります。そして、実はあまり知られていませんが、ストレスは歯の健康も損ねてしまうことがあります。

ストレスとお口の健康の関係

stress_impact_01

ストレスによって、お口には次のようなことが起こりやすくなります。

◆唾液分泌の減少

ストレス過多になると、交感神経が優位になり、唾液の分泌が減少します。緊張するとお口がカラカラになる、というのは多くの人が経験したことがあるのではないでしょうか。唾液というのは、消化酵素としての働きだけでなく、お口の健康を守る役割を果たしていますので、唾液が減ることによって虫歯や歯周病になりやすくなったり、お口の粘膜が傷つきやすくなり、口内炎ができやすくなったりします。

◆歯ぎしり

現代人の多くが歯ぎしりをしていると言われています。歯ぎしりの原因としてはさまざまなものが考えられていますが、現在のところではストレスがその大きな要因だとされています。

歯ぎしりは音がうるさいだけでなく、非常に強い力が持続的にかかることから、歯へのダメージ、顎関節のダメージが起こります。実際、歯ぎしりによって歯が破折して抜歯になるケースというのも決して少なくはありません。また、過剰な力がかかることで歯の周囲組織に大きな負担がかかり、歯を支える骨が吸収し、歯周病が加速度的に進む懸念もあります。

◆免疫低下

ストレス下では、血管が収縮し、血流が悪くなります。そうすると、免疫に働く血液成分の働きが落ちますので、免疫力が低下します。免疫力が低下すると、歯周病やっ歯周病にもかかりやすくなります。

お口の健康を守ための、ストレスへの対処法

stress_impact_02

現代社会で生活を行う上で、ストレスが全くない生活、というのはなかなか難しいと言えるでしょう。ですが、ストレスによって体を壊してしまうのは、できれば避けたいものです。

できる対策としては、できるだけ自分の時間を一日少しでもとって好きなことをし、ストレスを感じない時間を作ること、それだけでも自律神経のバランスは多かれ少なかれ整っていくことでしょう。

ですが、完全にストレスから解放されるのは難しいかもしれません。そのため、ストレスから歯や顎関節への悪影響をなるべく最小限にするために、寝ている間に歯ぎしり防止のマウスピースを装着するのもおすすめです。

歯ぎしり防止のマウスピースは歯科で、保険適用で作ることができますので、ご相談ください。

歯科コラム
アプラスデンタルローン

歯科治療で新型コロナ感染症のリスクはある?
 

口腔ケアとウイルス対策

^

  • 電話をかける
  • 電話をかける
  • 電話をかける