駒込駅すぐのアクセス便利の歯科医院なら駒込駅前デンタルクリニック

歯科治療で新型コロナ感染症のリスクはある?

歯科治療で新型コロナ感染症のリスクはある?

歯の治療でコロナ感染の心配は限りなくゼロに近いと言えます

「歯医者なんか行ったらウイルス感染するのではないか?」と心配な方もいらっしゃるかもしれません。そのせいで歯に気になるところがあっても、継続的なケアを受けている方であっても、歯医者に行くのをためらっている方もいらっしゃると思います。

ですが、実際、歯科治療が原因でコロナ感染が起こる可能性は非常に低いと言えるのです。むしろ、必要な歯科治療を受けないことで感染や重症化のリスクが高まる可能性もあるのです。

歯科治療でコロナ感染の危険性が低い4つの理由

理由1.歯科医院では常日頃から万全の感染予防対策をしています

歯科治療というのは、通常時より、歯を削る際などに唾液や血液を含んだ飛沫が発生します。それゆえ、治療を行う歯科医師は常に患者さんが持っているかもしれないウイルスによる感染のリスクというのを背負っており、普段からゴーグル、マスク、グローブといったものを身につけ、万全の感染予防対策をしています。歯科医師のアシスタントや、お口の清掃を担当する歯科衛生士も同様です。そのため、患者さんからウイルスがうつるということは考えにくい状況です。

理由2.院内感染を起こさない万全の対策をしています

通常の、しっかりと感染予防対策を行っている歯科医院であれば、患者様から患者様への感染、スタッフから患者様からの感染といった院内感染が起こる可能性は非常に低いと言えます。

当院に関しては、スタッフ自身が完全防備をしているのはもちろんのこと、グローブを患者様ごとに交換、患者様ごとに診療台の徹底的な清拭、消毒、殺菌に加え、患者様に触れる器具や機械は徹底的に殺菌・滅菌を行い、可能なものは全てディスポーザブル(使い捨て)を使用しています。また、歯科医院は空気が汚染されやすいため、空気の入れ替えや空気清浄というのも常に行われています。そのため、仮にウイルスを持っている患者様がいたとしても、ウイルスがその場に残り、それによって感染が起こるとは考えにくいと言えるでしょう。

理由3.お口の適切なケアがウイルス感染・重症化リスクを下げます

◆お口を清潔にしておくとウイルス感染のリスクが下がります

インフルエンザに関する研究で明らかになっていますが、お口のケアをしっかりと行っている人はウイルス感染を起こしにくくなるということがわかっています。お口の細菌がウイルスの感染を助ける酵素を出すため、適切な口腔ケアでお口の細菌を少なくしておくことでウイルス感染そのもののリスクを下げることができるのです。

◆治療でよく噛めるようになることで、免疫力アップ、重症化を防ぎます

よく噛めない状態で放置していると、どうしても糖質に偏った食事になってしまい、結果的に免疫力を落とし、ウイルス感染、または重症化のリスクが高まります。適切な歯科治療を受けて、よく噛める状態にしておくことで、免疫力の低下を防ぐことができます。

理由4.予約制なので、待合室での濃厚接触は起こりません

歯科医院は通常、予約制にしているところがほとんどです。当院でも予約制となっておりますので、待合室に多くの人が集まるという濃厚接触の状況が起こることはありません。ご安心ください。

当院では常日頃より、院内感染対策を最重要事項と考えており、最大限の感染予防対策を行っております。ぜひ安心して歯の治療を受けにいらしてください。もしご心配な方はお気軽にお電話でお問い合わせください。


歯科治療で新型コロナ感染症のリスクはある?

口腔ケアとウイルス対策

^


電話をかける

ネット予約

TOP