マイクロスコープ

マイクロスコープ

きめ細かく、正確な治療で治療の成功率を高める
歯科治療というのは、非常に細かい部分を扱うにも関わらず、いまだに肉眼で見ながら治療が行われているのが一般的です。ところが、肉眼で見える範囲というのは限界があり、本当に悪い部分を見逃してしまっている、ということもあり得ますし、逆に悪い部分を取り残さないように、と余分な部分まで削られてしまうリスクもあります。
そこで当院では、肉眼では見えないような細かい部分まではっきりと見ることのできるマイクロスコープを導入し、より精密で正確な診断をもとに、きめ細かい治療を行い、治療の成功率を高めています。

マイクロスコープとは

マイクロスコープ

マイクロスコープというのは、医療用の顕微鏡のことです。歯科ではまだあまり一般的ではありませんが、医科の分野では特に細かい部分を扱う眼科や脳神経外科などにおいて、一般的に使用されています。
歯科でもようやく歯科用のマイクロスコープが開発、販売され、だんだんとマイクロスコープを導入する歯科医院も増えてきています。歯科診療におけるマイクロスコープの主な用途としては、根管治療(根の治療)、虫歯治療、インプラント治療、審美歯科治療、歯周病治療などです。
歯科のマイクロスコープは、最大拡大倍率が約25倍にもおよびますので、マイクロスコープを使った治療によって非常に緻密な治療が可能となり、大切な歯をより長く残せる可能性が広がると同時に、より審美的な治療も可能になります。

マイクロスコープが特に活躍する根管治療

マイクロスコープが特に活躍する根管治療

マイクロスコープを使わない根管治療の場合

マイクロスコープが特に活躍し、効果を発揮するのは、根管治療です。
根管治療は、通常、肉眼では根管の入り口部分くらいしか見ることができず、その奥の部分に関しては、レントゲンを見ながら手探りで手の感覚を頼りに行うという方法が一般的に行われています。
もちろん、この方法では、汚染部分は見えないので、汚れをなるべく取り除くために根管の内部を大幅に削るという方法がとられることがあります。しかし、そうすると、歯が薄くなってしまい、その後に歯が割れやすくなってしまうことにつながります。

マイクロスコープを使った根管治療の場合

マイクロスコープを使って根管治療を行う場合、肉眼では見ることのできない非常に細かい部分を見ることができます。それに加え、視野を明るいライトで照らしますので、根管の入り口だけでなく、その奥の入り組んだ暗い場所であってもはっきりと確認でき、悪い部分を見逃すということが劇的に少なくなります。結果的に、健康な部分を犠牲にせず、悪い部分のみを取り除くということが可能になりました。
そのため、従来だと難症例として非常に治すのが難しかったケースにおいても、その原因をできるだけクリアにすることができるようになり、治療の成功率を大きく高められるようになりました。

マイクロスコープを使った根管治療のメリット

1.根管治療の成功率を高められる

従来の手探りの方法ではなく、歯根内部をはっきり見ながら悪い部分を着実に取り除くことができるので、根管治療の成功率が高まります。

2.歯をなるべく削らずに済む

従来では、歯を多く削ることで、汚染部を極力取り除くという対処法でしたが、マイクロスコープではっきり見ながら悪い部分だけ取り除けるため、余計に歯を削ることがありません。

3.再発を減らせる

従来の根管治療では、また根のトラブルが再発することも多く、根管治療のやり直しが必要になることも少なくありませんでした。マイクロスコープを使って治療を行うと、治療の精密度が大幅に高まるため、再発の可能性を低く抑えられます。

マイクロスコープでの根管治療で再治療のリスクを下げる

歯は繰り返しの治療に耐えられません

歯は繰り返しの治療に耐えられません

根管治療をして再発しても、また再治療をすれば、また歯が残せる可能性はあります。しかし、歯の治療は回数を重ねるたびに内部が削られ、段々と薄くなってしまうため、治療が可能なのは5回が限度だと言われることがあります。もちろん、歯の薄さや状態によっては、その前にダメになってしまう場合もあります。
マイクロスコープで根管治療をする場合、悪い原因を高い確率で取り除くことができるので、再発のリスクが抑えられ、再治療を受けなくて済むことが多くなります。その結果、神経を抜いた歯でもできるだけ長持ちさせることが可能になります。

当院の根管治療は万全の体制で行います

高度・高品質な機器・材料を使用します

高度・高品質な機器・材料を使用します

当院では、マイクロスコープの他にも、CTスキャンによる3次元診断を行い、レントゲンではハッキリとわからない歯根の形を詳細に確認し、原因解明を正確に行うことができます。
治療においても、電動ニッケルチタンファイルや手用ステンレスファイル、ゲーツファイル、根管治療専用超音波チップ(エンドサクセスチップ)といった各種精密器具を症例によって使い分け、次亜塩素酸やEDTAなどによる化学的洗浄により根管内を無菌化することが可能です。
最終的に根管を封鎖する根管充填材は、米国の専門医の多くが使用しているバイオセラミックという特殊な根充材も使用しています。

無菌的処置には必須!必ずラバーダムを使用しています

無菌的処置には必須!必ずラバーダムを使用しています

根の治療にとって大敵なのは、外部からの細菌の混入です。多くの場合、根管治療中に唾液が根管の中に流れ込み、細菌が混入してしまいますが、当院ではそれを防ぐために、ラバーダム防湿(細菌混入を防ぐゴムの膜)を行い、無菌的環境で治療を行っています。

歯科コラム
アプラスデンタルローン

歯科治療で新型コロナ感染症のリスクはある?
 

口腔ケアとウイルス対策

^


電話をかける

ネット予約

TOP