電話番号
  • Line予約
  • ネット予約
痛みを感じにくいむし歯治療

痛みを感じにくいむし歯治療

痛みを感じにくいむし歯治療
歯の治療を苦手に感じてしまう理由として大きいのは、やはり、「痛み」に対する不安ではないでしょうか。
確かに昔は歯の治療というと痛いイメージがありましたが、現在ではさまざまなテクニックや治療法により、痛みを感じにくい虫歯治療が可能になっています。
当院では、患者様がなるべくリラックスして治療に臨めるよう、むし歯治療の際に、痛みを感じにくくする様々な工夫を取り入れています。

治療時に痛みを感じにくくするために行っていること

痛みの少ない麻酔

麻酔をすれば、痛みなく治療を進めていくことができますが、その「麻酔自体が怖い」という方は案外多いものです。当院では、次のような対処をすることで、麻酔の痛みをなるべく感じないようにします。
歯茎に表面麻酔を効かせる
注射の麻酔を打つ部分の歯茎に、あらかじめ表面麻酔を効かせ、表面の感覚を麻痺させておきます。
極細の注射針を使用する
針が細いほど痛みを感じにくいため、極細の針を使用します。
痛点を避ける
粘膜は、場所によって痛点(痛みを感じる場所)が多いところ、少ないところがあります。注射をする際には、なるべく痛点が少ないところに行います。
麻酔液の温度管理をする
麻酔液の温度と体温との差が大きいと、それを痛みとして感じやすくなるため、麻酔液の温度は、使用前にあらかじめ温めておきます。
麻酔液をゆっくり注入する
麻酔液を注入する際に圧がかかると痛みとして感じやすいため、圧を一気にかけないよう、ゆっくりと注入します。

削る器具は新品のものを使用

削る器具は新品のものを使用
浅めの虫歯の場合には基本的に麻酔は不要ですが、削る時の摩擦によって痛みが起こることがあります。当院では、削るバー(刃物部分)を毎回新品のもののみ使用し、削る際の摩擦を最小限に抑え、痛みを感じにくくしています。

削る量を最小限に抑える

削る量を最小限に抑える
治療中、そして治療後の痛みをなるべく起こさないために、虫歯検知液などを使用しながら、削る量を最小限にするようにしています。
削る量を最小限にすることは、痛みの面だけでなく、歯をできるだけ長持ちさせるためにも重要なことです。

治療で痛みを起こさないために知っておきたいこと

早期発見・早期治療を心がけましょう

早期発見・早期治療を心がけましょう
むし歯というのは、痛くなる前に治療をすることで、痛みをなるべく感じずに治療ができ、なおかつ被害を最小限にできるので、歯をより長持ちさせやすくなります。
むし歯が進行して痛みがあるのは、神経の炎症が強くなっている状態ですが、そのような時には麻酔がとても効きにくくなります。そのため、麻酔が効かずに治療の際に辛い思いをしてしまうことが少なくありません。
痛みが出る前に治療ができれば、麻酔もしっかり効いて、治療中に痛みを感じることはほとんどありません。
なるべく早めの段階で治すためには、何かあったら軽い症状でも早めに歯科を受診する、もしくは定期的に検診を受けて、異常を早めに見つけて治療することが大事です。

むし歯に対する最善策「予防」にも力を入れています

予防にも力を入れています
むし歯は早期発見、早期治療が大切ですが、一番よいのはむし歯自体を「予防」することです。一度むし歯ができてしまうと、治療してもその部分は完全に元どおりに治ることはなく、ただその部分を、材料で補修している状態となるだけです。
ですが、一度補修したところは、継ぎ目がある分、そうでないまっさらな部分に比べて弱く、いつむし歯が再発するかわからない不安を抱え続けることになります。そのためむし歯自体を作らないこと、それが一番大事なのです。
当院では、予防治療に力を入れています。定期的に歯のケアを行うことで、むし歯を効果的に予防することができます。
むし歯治療
  • 虫歯治療・根っこの治療
  • 削らない・抜かない歯の治療
  • 痛みを感じにくいむし歯治療
  • むし歯をくりかえさないために
  • 治療の流れ
  • 早期発見・早期治療
  • マタニティ歯科
  • 根管治療
症状別メニュー
歯科コラム
アプラスデンタルローン

歯科治療で新型コロナ感染症のリスクはある?
 

口腔ケアとウイルス対策

^