駒込駅すぐのアクセス便利の歯科医院なら駒込駅前デンタルクリニック

審美的歯科治療

当院の審美的歯科治療

審美的歯科治療は、口元の美しさをより追求した歯科治療です。「歯を見た目良く治療したい」、「歯や歯茎の色のコンプレックスをどうにかしたい」という方に、様々な治療法の選択肢をご用意しています。

歯の詰め物・被せ物を自然な見た目にしたい

セラミック治療

自分の歯を指差す女性

自然で美しい見た目の詰め物・被せ物
虫歯は保険診療でも治療は可能ですが、その場合、ある程度大き目の虫歯になると削る量が増えるため、強度に優れる銀歯の詰め物や被せ物を選択することになります。

銀歯でも噛む機能回復をすることは可能なのですが、見た目に問題が出てしまうことがあります。でも、セラミック治療なら機能をしっかり回復しつつ、見た目も自然な美しさに仕上げることが可能です。

しかも、セラミックのみを使用した「オールセラミック」なら、金属を一切使用していないため、体にもさらに優しい治療が可能になります。

美しいだけではない、オールセラミックの特長

天然歯と見分けのつかない美しい仕上がり

セラミックは天然歯のような透明感を再現することができ、また周囲の歯と合わせた微妙な色の調整が可能です。そのため、天然歯と見間違うような自然な仕上がりにすることができます。特に全てがセラミックのオールセラミックは、美しさにおいて最も優れていると言えるでしょう。

また、非常に傷がつきにくい素材であるため、飲食物の着色も起こりにくく、年数が経っても色が変色するというようなこともありません。

アレルギーなどを起こさず体に優しい

セラミックは材質的に安定していますので、体に害を及ぼしたり、金属のように腐食して唾液に溶け出し、金属アレルギーの原因になったりすることもありません。

虫歯の再発が起こりにくい

銀歯はどうしても劣化や腐食などが起こるため、年数が経つにつれ、歯と銀歯の間に隙間があき、その部分から虫歯になりやすいという欠点があります。

一方セラミックの場合は材質の劣化、変質、腐食などが起こらないため、いつまでも歯と馴染みがよく、虫歯の再発が起こりにくい特長があります。

歯茎を黒く変色させない

銀歯や保険の差し歯などは、金属イオンが唾液中に溶け出して歯茎を黒く変色させ、老けた印象に見えてしまうことがあります。でも、オールセラミックならそのようなことは起こりませんので、歯茎が黒くなる心配もありません。

黄ばんだ歯を白くしたい

ホワイトニング

ホワイトニング施術前と施術後の比較

歯を削らずに自然な白さに
歯の黄ばみが気になる方には、歯を削ることなく、ホワイトニング剤で気軽に白くすることができるホワイトニングがおすすめです。

ホワイトニングに適している歯

●天然の歯
●神経の入っている歯
●年とともに変色してきた歯
●軽度のテトラサイクリン歯(テトラサイクリン系抗生剤の影響で変色した歯)

ホワイトニングの方法

ホワイトニングの方法には主に2種類あります。歯科医院で行うオフィスホワイトニング、ご自宅で行うホームホワイトニングです。ご要望に応じて、お好きな方法でホワイトニング治療を受けていただくことができます。

オフィスホワイトニング

歯科医院のチェアーで受けていただくホワイトニングです。高濃度のホワイトニングジェルと特殊な光の相乗効果で歯を白くしていく方法で、即効性があります。「とにかく歯を早く白くしたい」という方にオススメのホワイトニング方法です。

ホームホワイトニング

ご自宅で好きなタイミングで行えるホワイトニングです。歯科医院でオーダーメイドのマウストレーを作製し、その中に低濃度のホワイトニングジェルを注入し、お口に1日に2時間ほど装着していただきます。続けていくことにより、だんだんと歯が白くなっていきます。

ご自分で白さの調節を行いたい方、より自然な白さを求める方、お急ぎでない方にオススメの方法です。

歯茎をピンク色にしたい

ガムピーリング

鏡に映る自分の口元を見て微笑む女性

薬剤を使って全体的な歯茎の黒ずみをピンク色に
歯茎の色が悪くてお悩みの方も、ガムピーリングでピンク色の歯茎にすることが可能です。全体的に歯茎が黒くなる原因としては、生まれつきのメラニン色素の量、タバコによる刺激でメラニン色素が増えてしまっていることなどがあります。そのような黒ずみに効果を発揮するのがガムピーリングです。

ガムピーリングの治療内容

ガムピーリングは、歯茎に専用の薬剤を塗布し、歯茎の表面をピーリング(皮を剥く)方法です。これにより、変色した部分が取り除かれ、ピンク色の粘膜が再生されます。

術中の痛みは少しだけ歯茎がヒリヒリする程度です。治療直後は歯茎が白くなり、2〜3日後に薄い膜が自然と剥がれて、約1〜2週間後に生まれたてのようなピンク色の歯茎が現れます。

黒ずみの程度に応じ、1回から数回の施術が必要になります。

^


電話をかける

ネット予約

TOP