電話番号
  • Line予約
  • ネット予約
歯科コラム

神経を取った歯が痛い。どういうこと?

神経を取ったはずなのに歯に痛みがある、ということが起きる場合があります。神経がないのに、なぜ痛みが出るのか、不思議に思う人もいるかもしれません。神経を取ったばかりで痛みが続くと、「治療に失敗したのでは?」と不安に思う人もいることでしょう。

今回は、なぜ神経を取った歯で痛みを感じることがあるのか、について解説していきます。

神経を取った歯が痛くなる場合の理由

神経を取った歯が痛みを出す場合に、考えられることとして、次のようなことが挙げられます。

◆神経を取った直後の傷口の痛み

生きている神経を取る際には麻酔をして行いますが、麻酔が切れた後には通常痛みが出てきます。それは、歯の中の神経を取り除く際、顎の骨から伸びている神経を根元部分で断ち切っていることで、そこが傷口となってしまうからです。この痛みは徐々に落ち着き、数日は歯に触れると痛みを感じますが、通常は落ち着いてきます。

◆神経が残ってしまった

神経が取り残されてしまった場合、その部分が歯髄炎を起こして痛むことがあります。これは特に奥歯で起こりやすい傾向があります。奥歯は歯根が複数存在し、複雑に枝分かれしていることが多いため、全て取りきれない場合というのが起こりやすくなるためです。

◆器具や薬剤による圧

根の治療をする際に細い針のような道具で内部を清掃しますが、その際に、歯根の先端部分に圧がかかることで、治療後に痛みが出ることがあります。

また、根の治療の最終段階で、固形の薬を詰める際に、同様に圧が加わり痛みが出ることがあります。

このような痛みは一時期的なものなので、ほとんどの場合、自然に落ち着きます。

◆歯根内部に感染が起こった

神経を取った後に内部がきれいになったら、空洞部分に細菌感染が起こらないように緊密に固形の薬剤を詰めます。しかし、完全に内部を無菌状態にすることはできませんし、外部からなんらかの形で細菌が入り込むと、内部で細菌が繁殖し、それが歯根周囲に膿を溜めるという形となり、その圧力によって痛みが出ることがあります。

◆歯根が折れた

神経を取り除くと、それと同時に歯に栄養を送っている血管も取り除かれるため、歯に栄養がいかなくなります。そうすると歯が折れやすくなり、強い力がかかると歯根が折れてしまうことがあります。歯根が折れても、見た目ではわかりませんが、噛むと痛む、歯茎が炎症を起こして腫れて痛む、といったことが起こってきます。

神経を取った歯が痛い場合の治療法

shinkei_itai_01

上に挙げたように、たとえ神経を取った歯であっても、痛みを出すケースというのは珍しくありません。痛みの主な原因は、歯の内部ではなく、周囲の組織が痛んでいるということです。

治療法は、原因によっても異なります。何もしなくても落ち着く場合もあれば、内部に感染している、歯根が割れていると言った場合には、治療が必要になります。

何が原因かは歯科医師が診断する必要がありますので、神経を取った歯が痛いという場合には、一度歯科医院に問い合わせてみましょう。

歯科コラム
アプラスデンタルローン

歯科治療で新型コロナ感染症のリスクはある?
 

口腔ケアとウイルス対策

^

  • 電話をかける
  • 電話をかける
  • 電話をかける