電話番号
  • Line予約
  • ネット予約
歯科コラム

目立たない矯正ってどんなの?どれを選べばいい?

最近、大人の方で矯正治療を受ける人が増えてきています。矯正治療は、歯並びのコンプレックスを解消できるだけではなく、歯磨きがしやすくなり、噛み合わせも整うことから、健康状態改善にもなるので、興味のある方にはぜひおすすめしたい治療法です。とは言え、見た目が気になるという方も多いのではないでしょうか?

そこでおすすめしたいのが、目立たない矯正治療法です。大人の方で矯正治療をする人が増えてきたのは、このような目立たない矯正方法が選べるようになってきたことが大きいと言えるでしょう。

今回は、目立たない矯正法にはどのようなものがあるのか、またその特徴についてご紹介します。

目立たない矯正治療法

◆マウスピース矯正(インビザライン)

medatanai_kyousei_01

近年人気が高まっているのは、透明なマウスピースを使ったマウスピース矯正です。
マウスピースの中でも、インビザラインは特に人気があり、世界中で非常に多くの人が治療を受けています。

インビザラインの特徴として、目立たないだけでなく、食事や歯磨時など、好きな時に外せるので不便を感じない、違和感が少ない、痛みが少ない、といったマウスピース矯正の特徴に加え、インビザライン独自の、デジタル技術を使った精密な治療、治療の予知性が高い(治療前に仕上がりのイメージが見える、治療期間の予測ができる)、通院回数が少ないので楽、といったことが挙げられます。

◆舌側(裏側)矯正

ワイヤー矯正の一種で、歯の1本1本につけるブラケットとワイヤーを歯の裏側に装着する方法です。装置は内側につきますので表から見えることはほとんどなく、審美的に矯正治療を行うことができます。

ただ、装置が舌に触れるので違和感が強い、食事の際に食べにくい、技術的に難しく、どこの歯科医院でも受けられるわけではない、治療費が高め、というデメリットがあります。

◆白い装置を使ったワイヤー矯正

歯の表側にブラケットとワイヤーの装置がつくワイヤー矯正で、その装置を白い物を使用することでより目立たなくする、という方法です。

歯の表側に装置をつけるワイヤー矯正は、適応症例が幅広く、どんな症例にも応用でき、費用も舌側矯正と比べてリーズナブルです。

装置自体は見えますので、矯正治療をしていることはわかってしまいますが、少しでも目立ちにくくしたい、という方には選択肢の一つとなるでしょう。

どの治療法が合うかは、歯並びや骨格などによっても異なります。興味のある方は一度当院までご相談ください。

歯科コラム
アプラスデンタルローン

歯科治療で新型コロナ感染症のリスクはある?
 

口腔ケアとウイルス対策

^

  • 電話をかける
  • 電話をかける
  • 電話をかける